広島県広島市の自動車学校 沼田自動車学校[選べる充実のプラン!楽しく早く運転免許取得!]

トップページ > リクルート > 先輩社員が当社を選んだ理由

指導員の仕事は、手掛ける場で全く異なるものになります

教習課 平塚祐二(30歳)

【出身】広島経済大学 経営学科 卒
【年収】非公開

これが私の仕事

広がる仕事とともに、深まっていくキャリア

現在は教習業務全般を広く担当しています。四輪、自動二輪、それに大型二種と大型車両。総合自動車学校である当社は、こうした幅広い教習を手掛けられるんですね。そして指導員の間でも、どれだけ多くの指導員・判定員資格を持っているかが、キャリアアップの目安にもなるんですよ。資格への挑戦の時期は各スタッフの判断に任されています。自分も早く全車種の資格を取りたいと考えているんですが、そこに至るには早くて10年と言われる世界。まだまだ勉強の毎日です。加えて現在では教務から発展して高齢者講習や二輪のスキルアップ講習、こうした付加サービスの講師を担当するケースも増えてきました。一つの業務に縛られず、様々な仕事にチャレンジ出来る風土は、実力を伸ばしていくにも恵まれた環境だと思いますよ。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

お客様からのご紹介は、指導員としての誇りです

指導員業務の中でも一番嬉しいのは「自分が担当したお客様が、新たなお客様を紹介して下さる」時ですね。お客様が無事免許を取得されるのは当たり前のこと。そこに加えて自分の友達を紹介して下さるというのは、やはり私の指導に満足して頂けた証明だと思うんです。高い評価を頂き続けることが、沼田自動車学校というブランドイメージの向上にもつながっていく。そう考えると、気は抜けませんよね。振り返れば、以前は指導の際にも、自分の考えを一方的に口にしてしまうことも多かったと感じます。しかしそれでは意外と思いは伝わりませんね。手応えを感じるようになったのは、相手の立場に立って物事を考えて、お客様の目線で言葉を選べるようになってから。人への想い・感謝の心が、これほど結果を左右する仕事は少ないと思います。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き

指導員の仕事は、手掛ける場で全く異なるものになります

私は学生時代に、この沼田自動車学校で教習を受けました。その時担当についてくれた先生が、本当に親身になって下さったんですね。安全運転の大切さや運転 の心構えなど、必死に伝えてくれる言葉のひとつ一つを、今でも覚えています。そこで私も指導員を目指すようになったんですよ。ただ大学を卒業して就職した のは、こことは別の会社でした。するとやはりそこでの仕事は、私の思い描いていたイメージとは少し「違う」んですよね。スタッフも今ひとつ元気がないとい うか。そのままでは自分は「やりたかった仕事に就いた」とは言えないと感じて、改めて沼田自動車学校に転職してきました。仕事の内容そのものは変わりませ ん。しかし、そこに向き合う姿勢が違うんです。目線の先にあるものが違うんです。今は「憧れた仕事ができている」と胸を張れますね。

教習指導員(5年目・現職)

就職活動に際して一言アドバイスを送るとすれば「自分の興味に従え」ということでしょうね。
より深く知りたい。やってみたい。
そうした気持ちに素直でいる ことが、結局は正しい就職に結びつくと思います。
自分が好きで選んだことならば、仕事の現場に出てからも成長速度は速くなりますしね。
先輩社員が当社を選んだ理由

沼自Tube